禁忌について

2017年5月26日 日記
  • すっかり忘れていました…禁忌について…。

今回は電気刺激療法の禁忌をお伝えします。これを見ている方が学校で習ったものと違うかもしれません。

 

1・心臓ペースメーカー埋め込み患者、重篤な心疾患のある患者

2・筋収縮が禁忌となる病態【静脈血栓、術後など】

3・創傷、瘢痕、皮膚疾患のある部位

4・悪性腫瘍の部位

5・妊娠中の患者

6・眼球、生殖器、頭部

7・知覚鈍麻の患者【糖尿病など】

他にもこれはどうかな?と思うものは確認が必要です。

事故が起きたら大変ですので確認して通電して下さい。

 

僕がこの業界に入った頃は電気刺激療法は体内金属が禁忌と習いましたが現在では外れています。

色々なメーカーの取扱説明書にも禁忌に記載されていないと思います。どんどん通電できます!という意味ではなく注意は必要かと思いますがここが以前と違う点かなと思います。

超音波編でやりますが現在では超音波は体内金属禁忌となります。例外あり!

今、使用している機械の取扱説明書をもう一度よく見て禁忌を頭に入れてご使用して見て下さい。紛失していればメーカーにコピーをもらうのもいいと思います。