周波数について

2017年3月15日 ブログ

今日は寒いです…。冬に戻った感じです。寒いの苦手なんではやく春がきて欲しいです。

今回は周波数についてです。

周波数はHz(ヘルツ)で表されます。大きく分けて3種類。

低周波帯  1から1.000Hz

中周波帯  1.001から10.000Hz

高周波帯  10.000以上

と分けます。

例えば電流を例にします。

人の身体は異物を入れないようになっており電流も同様です。低周波帯ですと皮膚が抵抗してどうしてもビリビリ感が強くなってしまいます。

その皮膚の抵抗を抑える為には周波数を上げることでビリビリ感が少なくなります。抑えられた分少し強めに電流量を通電できるメリットがあります。

よく、低周波は浅くて高周波は深いんでしょ?の質問を受けます。

浅い、深いの問題ではなく皮膚抵抗を抑える意味で周波数は分かれています。電流療法の場合電磁場なので深さは測定できません!人により出力も変わりますから。ただ、電流量をあげられるので多少は深くなってるかとは思います。ただ、何センチとは言えません。と、僕はいつも返答しています。

個人的には高周波だから深く到達する事はないと思います。

電流の場合は電磁場なので測定できませんと大学病院の先生にも言われた事があります。