周波数について その4

2017年4月25日 ブログ

その3からだいぶ日が経ってしまいました。

ホームページが2度もウィルスにやられ復旧するのに時間がかかったました…。その間にも見てるよ!次は?と聞かれる事が多いので嬉しいもんです。

質問はお受けしますが、このブログは僕が今まで色んな本や文章を読んで僕なりに解釈をしてお伝えしようとして続けてるので違ってると思ったらスルーして下さい。

さて、本題。周波数についてです。

今回は50Hzその2、その3の間をお伝えしようと思います。

50Hzも鎮痛効果は期待できると思っています。神経刺激による鎮痛というよりも筋ポンプによる血流改善による間接的な効果によるものが大きいと思ってます。

筋肉の収縮を利用して血流改善させて結果鎮痛効果を期待する!

低周波ではなく、後ほど詳しくお伝えしますが、50Hzの周波数を使用し、筋収縮をさせる事を目的に泌尿器科では尿失禁の治療に使用します【干渉波になります】骨盤底筋群を収縮させるんですよね。痛みとは関係ないですが収縮での筋強化を期待してるんですよね。これは保険で算定されるくらいなのでしっかりとした効果を期待できると思います。

何を伝えたいかと言うと50Hzは筋収縮するという事をお伝えしたかったんです。筋ポンプによる血流改善で結果鎮痛効果を期待する‼︎